産み分けゼリーおすすめランキング5選!

ピンクゼリーは妊娠率が下がる?何回目で妊娠したかアンケート調査

ピンクゼリー
  • URLをコピーしました!
もぐうさ

ピンクゼリーを使いたいけれど妊娠率が下がるって本当?

みん

何回目で妊娠したかアンケート調査したよ!

ジュンビーのピンクゼリーは性別の希望を叶えたい夫婦に選ばれていますが、妊娠率が下がるといわれてます。

実際にピンクゼリーを使った24人に聞いたところ、3回目までに妊娠した人が6割で、極端に妊娠率が下がっていることはなさそうでした。

不妊で悩んでいる人にはおすすめできませんが、性別の希望がある人は挑戦してみる価値がありますね!

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

ピンクゼリーを使った人の声は、ピンクゼリーの口コミをアンケート|リアルな評判と写真レビューで詳しく紹介しています。

目次

ピンクゼリーの妊娠率は?何回目で妊娠したかアンケート!

ピンクゼリーを使うと妊娠率が下がるといわれていますが、実際はどれぐらいで妊娠できているのでしょうか?

何回目で妊娠できたのか、ネット上のアンケートで調査しました。

アンケート期間:2021年9月8日~9月22日
アンケート対象:産み分けゼリーを使ったことがある人
アンケート数:50人

産み分けゼリーを使った50人にアンケートを実施したところ、60%の人がジュンビーのゼリーを使っていました。

そのうち女の子希望でピンクゼリーを使った人は24人いました。

アンケートの産み分けゼリーのおすすめについては、産み分けゼリーおすすめ比較ランキング5選|人気を50人にアンケートにまとめています。

それでは、実際にピンクゼリーを使った人が、どれぐらいの本数と期間で妊娠できたのか見ていきましょう!

ピンクゼリー何本目で妊娠できた?

ピンクゼリー何本目で妊娠しましたか?
1~3本
15人(62.5%)
4~6本
6人(25.0%)
7~10本
2人(8.3%)
まだ妊娠できていない
1人(4.2%)

ピンクゼリーは妊娠率が下がると言われていますが、1~3本で赤ちゃんを授かれた人が全体の6割以上いました。

10本までで多くの人が妊娠できているので、アンケートの結果を見ると極端に妊娠率が下がるということはなさそうです。

とはいえ、中にはまだ妊娠できていないという人もいて、妊娠のしやすさは体質や運などの個人差も大きいです。

ピンクゼリーを使ってすぐに妊娠する場合もあれば、使わなくても妊娠できないこともあります。

ピンクゼリーで妊娠した人の声をまとめます

ピンクゼリーを使った人はどれぐらいで妊娠できたのか、アンケートで得た声を紹介します。

3回使って妊娠しましたが、使いやすいし一回一回使い切りで衛生的だし、気負わなくて済むので使ってよかったなぁと思います。

すぐに女の子を授かることが出来たので効果も良かったです。

使用方法は簡単、特に肌トラブル等も起きず、3人目を希望して2ヶ月で妊娠。女の子が生まれやすいというので、ゼリーと併用で排卵日前に頑張ったりしていました。

5本使って妊娠しました。未開封のゼリーを返却して、現金をキャッシュバックしてくれる制度もあったので、価格の面でも満足です。

ピンクゼリーで妊娠するまでの期間やタイミングをまとめると、次の3つです。

  • 1箱前後で妊娠した人が多い
  • すぐに授かれた人もいる
  • 公式サイトからのセット購入は余れば返金できる

ピンクゼリーは1箱(10本)で妊娠できた人が多かったです。

周期に2~3本使っている人が平均的で、中には1箱(10本)を2周期で使い切って妊娠できたという人もいました。

タイミングを取る回数によっても早く妊娠できるのかが変わってきますね。

ピンクゼリーは公式サイトからの2・3箱のセット購入で、余ったゼリーはキャッシュバックしてもらえます。

最大10,000円のキャッシュバックを受けられるので、1箱(10本)で妊娠できるか不安…という人は、セットを選ぶと良いですよ!

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

ピンクゼリーで妊娠率が下がる理由は男の子が産まれにくくなるから

ピンクゼリーを使うと妊娠率が下がるといわれている理由は次の2つです。

  1. Y精子(男の子)が受精しにくくなる
  2. タイミングを取る回数が減る

それぞれを詳しく見ていきましょう!

①:Y精子(男の子)が受精しにくくなる

ピンクゼリーを使うと、膣内を酸性にすることができます。

これは、精子が活動しやすい環境の違いを利用したものです。

  • 男の子(Y精子):アルカリ性に強い
  • 女の子(X精子):酸性に強い

膣内を酸性に近づけることで、男の子のY精子が受精しづらくなります。

ピンクゼリーを使うと男の子が産まれる可能性が減る分、妊娠率は下がるのです。

産み分けゼリーの副作用で生理不順になったり、妊娠しづらい体質になるということはありませんよ。

②:タイミングを取る回数が減る

女の子を産み分けるには、タイミングも重要です。

  • 男の子:排卵日前日~当日
  • 女の子:排卵日2~3日前

男の子と女の子が産まれる確率は、排卵日前後の数日で大きく違います。

ピンクゼリーとは直接関係はありませんが、排卵日前日~当日に避妊すると、当然ですがそのタイミングでは妊娠できません。

そのため、自然と妊活期間が長くなってしまうのです。

逆に言うと、排卵日2~3日前にしっかりとタイミングを取ることで女の子の希望が叶いやすくなります!

ピンクゼリーの効果的な使い方については、ジュンビーピンクゼリーは何分前のタイミング?使い方と効果的な入れ方にまとめています。

妊娠を急ぐと産み分けがしにくい

ピンクゼリーを使って女の子を希望すると、妊娠率が下がることが一般的です。

とはいえ、妊娠率を上げようとすると、逆に産み分けがしにくくなってしまいます。

妊娠は体質や運の要素も大きいですが、妊娠を急ぐのか、性別の希望を叶えたいかによって、ピンクゼリーを使うべきか考えましょう。

ピンクゼリーの成功率については、ベイビーサポートの成功率アンケート?失敗の確率を下げる方法にまとめています。

ぜひとも女の子が欲しい!っという人は、ピンクゼリーで挑戦してみてくださいね!

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

ピンクゼリーの妊娠率についてまとめ

ピンクゼリーの妊娠率についてまとめました。

  • ピンクゼリーを使うと妊娠率が下がる
  • 妊娠を急ぐ場合には要検討
  • 中には一度で妊娠した人もいる

女の子を育てる夢を叶えたい!という人は、ピンクゼリーで産み分けにチャレンジしましょう!

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次