産み分けゼリーおすすめランキング5選!

ピンクゼリーでダウン症は嘘?副作用と障害の危険性を調査

  • URLをコピーしました!
もぐうさ

ピンクゼリーでダウン症の子が産まれやすくなるって本当?

みん

副作用と障害の危険性を調査したよ!

ピンクゼリーにはダウン症の赤ちゃんが産まれるという噂があります。

実際は、口に入れても大丈夫な成分でできているので、染色体異常に繋がるような危険性はありません。

産婦人科医と共同開発された安心なピンクゼリーで、女の子を希望を叶えましょう!

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

ピンクゼリーを使った人の声は、ピンクゼリーの口コミをアンケート|リアルな評判と写真レビューで詳しく紹介しています。

目次

ピンクゼリーでダウン症や障害児になりやすいという噂は嘘!

ピンクゼリーを使うとダウン症や障害児が産まれやすいという噂があります。

実際に私もピンクゼリーについて調べていたとき、「ピンクゼリー ダウン症」という検索ワードを見つけて不安になりました。

気になって調査してみたところ、ピンクゼリーと障害には関係がないことが分かりました。

ダウン症とは?

ダウン症とは、通常22本あるはずの染色体の21番目が1本多くなって、23本となる染色体異常です。

筋力や言語発達の遅れ、心臓の病気、合併症などのリスクがあると言われています。

ダウン症を妊娠する確率

ダウン症の子が産まれる確率は、次のとおりです。(参考:厚生労働省)

  • 20歳:1/1667
  • 25歳:1/1250
  • 30歳:1/952
  • 35歳:1/385
  • 40歳:1/106
  • 45歳:1/130

ダウン症は、女性の年齢が上がると染色体異常が起きやすいというデータがあります。

卵子の染色体異常は若い女性にも起きますが、年齢を重ねるにつれて細胞分裂に失敗するケースが増えてしまうのです。

この細胞分裂の失敗は卵子の形成過程で起こるため、ピンクゼリーを使う前の段階で、すでに決まっているということになりますね。

ピンクゼリーでダウン症だった人はいる?

ピンクゼリーを使った人でダウン症の赤ちゃんが産まれた人はいるのか、アンケートを取ってみました。

アンケート期間:2021年9月8日~9月22日
アンケート対象:産み分けゼリーを使ったことがある人
アンケート数:50人

産み分けゼリーを使った50人にアンケートを実施したところ、ジュンビーの産み分けゼリーを使った人は全体の6割と圧倒的な支持率でした。

その中で、女の子を希望してピンクゼリーを使った人は24人いました。

ピンクゼリーを使った24人の人はすべて「元気な赤ちゃんが産まれた」と回答していて、ダウン症だった人はいませんでした。

染色体異常は一定の確率で起こるので、ピンクゼリーを使ったらダウン症にならないということもありません。

でも、使っても使わなくても障害を持った赤ちゃんが産まれる可能性は変わりませんよ。

ちなみに、双子が産まれやすくなるというのも噂で、ピンクゼリーで双子が産まれる?産み分けゼリーを使った50人に聞いたにピンクゼリーと双子に関連性がないことをまとめています。

ダウン症を防ぐには?

ダウン症を予防するには、葉酸を摂ることが良いと言われています。

厚生労働省も、妊活中から葉酸を摂取することを推奨しています。

ジュンビーのピンクゼリーは、セット購入で葉酸サプリがついてくるので、妊活中から葉酸をしっかり摂って染色体異常を予防したいですね。

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

ピンクゼリーに副作用はない?

ピンクゼリー

ピンクゼリーとダウン症は関連性がないことが分かりましたが、他に副作用はないのでしょうか?

ピンクゼリーは口に入れても大丈夫な天然成分でできているので、次のような心配はありません。

  • 染色体異常の副作用なし
  • 生理不順の副作用なし

ピンクゼリーには強い薬のような副作用はないですよ!

ただ、中には肌が痒くなったという声がありました。

ピンクゼリーは安全性の高い成分ですが、使用後には拭き取っておかないと不衛生になってしまうことも。

デリケートな部分なので、清潔にしておきましょう!

ピンクゼリーの5つの安全性をチェック!

ジュンビーのピンクゼリーは産み分けゼリーの中でも安全性とが高いと人気の商品です。

5つの安全性をチェックしておきましょう!

ピンクゼリーの安全性①:産婦人科医との共同開発

ピンクゼリーは、妊活専門会社のジュンビーと産婦人科医が共同で開発した商品です。

産み分けゼリーは医薬品ではないため、医療機関と連携せず独自で開発されているゼリーも。

ジュンビーのピンクゼリーは、その点安心できますね。

ピンクゼリーの安全性②:膣内に合わせたpH値や浸透圧

ピンクゼリーは、女性の体と赤ちゃんのことを第一に作られています。

そのため、pH値や粘度が膣内の環境に合うように調整されていますよ。

  • pH値:pH4.0(3.95±0.3)の弱酸性
  • 浸透圧:260~370mOsm
  • 粘度:なめらかな低粘度

ゼリーのpH値は、酸性度が強すぎると肌への刺激になってしまうことも。

また、男性の活動力の低下など、思わぬトラブルに繋がることもあるので、膣内にあったピンクゼリーは副作用の心配はありません。

ピンクゼリーの安全性③:口に入れても問題ない成分

ジュンビーのピンクゼリーは、万が一口に入ってしまっても問題のない成分でできています。

精製水・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・クエン酸ナトリウム・エデト酸にナトリウム・乳酸・パラオキシ安息香酸メチル・ヒアルロン酸ナトリウム

天然成分の原材料で作られていて、安心のパラベンフリーですよ。

ピンクゼリーの安全性④:管理医療機関レベルの品質

ジュンビーのピンクゼリーは、管理医療機器の認証を取得できるレベルの工場で製造されています。

品質の管理が徹底されているため、安心して使用することができますよ。

日本の専門会社だから実現できる品質管理ですね。

ピンクゼリーの安全性⑤:使用期間を短く設定

ジュンビーのピンクゼリーは、試験結果で得られた使用期限よりも大幅に短い使用期限が設定されています。

少しでも安心して使ってもらえるようにと、あえて使用期限を短く設定しているのがジュンビーのこだわり。

公式サイトからのセット購入の場合には、賞味期限が切れたゼリーを新品に交換してもらえる保証もついています。

産み分けゼリーの商品の中で新品交換保証があるのは、人気5社のうちピンクゼリーだけです。

5社の産み分けゼリーの比較については、産み分けゼリーおすすめ比較ランキング5選|人気を50人にアンケートにまとめています。

安全性への配慮がたっぷりのピンクゼリーなら、安心して妊活に挑戦できますね!

ピンクゼリーの安全性と副作用についてまとめ

ジュンビーのピンクゼリーの安全性と副作用についてまとめました。

  • ピンクゼリーでダウン症が産まれやすくなる噂は嘘
  • 口に入れても大丈夫な成分で副作用の心配はなし
  • 産婦人科医と共同開発の安心感

安全性が高いピンクゼリーで女の子希望の妊活に挑戦してみてくださいね。

\ 購入者満足度89% /

3つのお得なキャンペーン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次